ストキャスティクス
「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を見るためのテクニカル指標で、 これを見る事で市場の過剰反応を予測出来ます。




具体的には、%K(-K)、%D(-Fast)、Slow%D(-Slow)の3種類の指標を使い、
%Dが80%以上の時が買われ過ぎ、20%以下の時が売られ過ぎになります。
この、買われ過ぎ、売られ過ぎの時に、 %Kと%Dが交差する時点が売買サインとなります。
しかし、強いトレンドが出た場合はダマシが多くなる傾向があるんで、 注意しなくてはなりません。

%Kが%Dを下から上、%DがSLOW%Dを下から上に抜けた時:上昇トレンド
%Kが%Dを上から下、%DがSLOW%Dを上から下に抜けた時:下降トレンド

ストキャスティクスだけではトレンドが分かりにくいんで、
移動平均線などのトレンド系テクニカル指標を併用して見極めましょうね。

ポイントしては、ストキャスティクスがクロスし、 かつ移動平均線が傾いた時がエントリーのチャンスですね。

ダイバージェンス(逆行現象)
価格は下がっているのにストキャスティクスは上がってるという 矛盾が発生する逆行現象をダイバージェンスと言います。 ダイバージェンスは価格の勢いが弱まり、 上昇や下降の転換が起こる予兆と判断出来ます。

ストキャスティクス攻略のポイント

 1:80%以上(買われ過ぎ)で下降、20%以下(売られ過ぎ)で上昇。
 2:%K線と%D線がクロスした時がエントリーのタイミング。
 3:移動平均線などのトレンド系のテクニカル指標と併用して判断する。
 4:ダイバージェンスは価格の転換に注目。