勝率5割以上を目指し、安定して運用するには?

 これまで、バイナリーオプションの代表的なメリット、デメリットについて触れてきました。皆さんもおぼろげながら、どのように使えば効果的に利益が得られるとわかってきたのではないでしょうか。
こでは、この金融商品を利用する際の注意点についてまとめていきます。投資とは、「リターン>リスク」が成立してはじめて利益が生じますが、その実現に向けて「できること」「すべきこと」は何なのか、私なりの考えを述べたいと思います。

「リスク商品」と自覚すること

 まず押さえておくべきは、バイナリーオプションはリスク商品だということです。ペットボトルを買うより安い金額で取引できますが、予想を外してしまうと全額が没収され、確実に資産は減っていきます。二者択一というエンタメ性に惑わされることなく、真剣に取り組むようにしてください。

「投機」ではなく「投資」

 そして、投機ではなく投資と捉えるべきです。二者択一というルールはゲーム性を高め、ギャンブル的な印象を与えるかもしれませんが、使いかたによっては適切に運用できます。
これは他の金融商品も同じですが、リスクとリターンに配慮するなど資金管理が徹底できてこそ、長期的・安定的に利益は得られようになります。もちろん勝率100%はなく、勝ち負けを繰り返しながらも、トータルでプラスにすればいいのです。ですから、勝ち負けに一喜一憂するのではなく、長い目で取り組む姿勢も求められるかもしれません。

勝率は5割"以上"を目指さないといけない

 出資額や各取引のペイアウト倍率で考えないといけない面もありますが、バイナリーオプションは勝率5割だと事業者の取り分があるので、トータルでマイナスになる可能性があります。
ですから基本的に、勝率5割以上を目指すことが大切です。そう考えると、やはりギャンブル的な取り組みでは限界が生じます。バイナリーオプションの取引対象は為替など多岐に渡りますが、どれもが値動きにクセがあったり、相場分析を行うことで予想の精度を上げることはできますので、そういった努力を怠らないようにしましょう。

相場分析のスキルを磨くこと

 これは後に詳しく解説しますが、相場を読み解くのに「テクニカル分析」「ファンダメンタルズ分析」という代表的な手法があります。株やFXの経験者であれば、こういったスキルは少なからず身についているのではないでしょうか。

そして、バイナリーオプションをするのにも、こういったスキルは非常に役に立ちます。というのも、予想は二者択一で行うものの、その結論に辿りたくためには相場分析が必要不可欠なのです。やはり、「上がるかも」「下がるかも」といった場当たり的な予想では正確性を欠くというもの。大きなトレンドが出ているなど、わかりやすい相場ではヤマカンでも予想は当たるかもしれませんが、そうでない時は根拠に基づいた値動きを予測できた方が、圧倒的に有利です。
勝率アップを実現するためにも、相場分析のスキルは磨いておきましょう。ここでスキルを高めておけば、他の金融商品を取引する場合もイニシアチブが握れ、投資対象の幅が広げられます。

ルールを決めて、守ること

 投資を長続きさせるには「ルール作り」も大切です。そもそも、株式やFXで大損するのは、取引上のルールがなかったり、それが徹底できていない、感情に流されて破ってしまうなど「勝つための仕組みがない」からです。一方、ちゃんと利益を得ているトレーダーはすべて、ルールを決めて取引しています。
それでは具体的に、ルールとは何を指すのでしょうか。例えばFXの場合、「買いポジションを持ってから、50銭の上昇で利益確定、30銭の下落で損切り」というルールを儲けたとします。そこでドル/円を1万通貨、10回取引して、勝敗数別の損益を見ていきたいと思います。

10勝0敗:+500銭×1万通貨=5万円の利益
9勝1敗:(+450銭-30銭)×1万通貨=4万2000円の利益
8勝2敗:(+400銭-40銭)×1万通貨=3万6000円の利益
7勝3敗:(+350銭-90銭)×1万通貨=2万6000円の利益
6勝4敗:(+300銭-120銭)×1万通貨=1万8000円の利益
5勝5敗:(+250銭-150銭)×1万通貨=1万円の利益
4勝6敗:(+200銭-180銭)×1万通貨=2000円の利益
3勝7敗:(+150銭-210銭)×1万通貨=7000円の損失
2勝8敗:(+100銭-240銭)×1万通貨=1万4000円の損失
1勝9敗(+50銭-270銭)×1万通貨=2万2000円の損失
0勝10敗:-300銭×1万通貨=3万円の損失


ここからわかるのは、ルールを決めることで、4勝6敗(勝率40%)でも利益が出ていること。ところがここでルールを決めず、値ごろ感や、それこそ運頼みで取引していればどうでしょうか。
仮に9回の取引で450銭=4万5000円の利益を得たとしても、最後の取引でうまく損切りができず5万円の損失を確定してしまえば、勝率9割でも結果はマイナスなのです。投資ではこのように、ルールの有無で結果は大きく変わってしまいます。
バイナリーオプションでもそれは同じです。もちろん、取引開始時に利益を損失は確定していますが、「どのタイプの商品を取引するか」「どれだけの資金を使うか」「許容リスク」などリターンとリスクのバランスをルール化すれば、多額の損失は回避できます。必ず取り決めてください。

トレード記録をつけること

 これもバイナリーオプションに限った話ではなりませんが、結果についてはなるべく記録をつけることをお勧めします。「取引対象「商品タイプ」「購入価格」「取引時間」「損益」など売買に関するデータを蓄積させていけば、おのずと自分自身の傾向が見えてきます。
例えば、ドル/円なら予測は当たるのに、ユーロ/ドルだと外れが多いとすれば、それはユーロ/ドルの相場分析が十分でないということ。さらにスキルを磨くか、あるいはユーロ/ドルは取引しないという選択肢も浮かびます。
時間帯についても、平日昼間の日本時間の的中率は低いけど、夕方以降の欧州~米国タイムの方が成績がいいなら、そちらに資金を集中させた方が勝率は高まります。フィードバックは継続的に勝つために、必ず必要になります。できる範囲で結構なのでトレード記録をつけ、自己分析に応用しましょう。
以上が、私が考える、バイナリーオプションに対する注意点です。何度も言いますが、この金融商品はユーザーによって、投機にも投資にもなりえます。そして、長く勝ち続けるには、投資として扱わないといけません。資金管理、相場分析、ルール作りなど、勝率を上げるための手立てを確立することで、リスクを限りなく抑え、リターンは最大化できます。ぜひ、ご参考ください。